9分前に投稿
From Twitter:
6時間前に投稿
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2014/08/20(水) 17:29:43.79 ID:ax2uBLv80.net
お願いします!!! 5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2014/08/20(水) 17:31:32.35 ID:YzSLz2ie0.net
6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2014/…
氷菓の千反田えるちゃんの顔が近い画像ください!!! http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51861759.html
16時間前に投稿
761: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 12:32:20.41 ID:BdTe3stG.net
日本で一番飲まれていたのはキリンラガービールだったが
実はある問題を抱えていた
ほろ酔いになった、3~4杯目辺りになると逆に味がクドくて飲めなくなる、という弱点
居酒屋で「とりあえずビール」というのは、ビールは最初の1~2杯しか飲まないという事でもある
酔ってきたら、味の薄いチューハイ辺りに移る
ここに目をつけたのがアサヒ
3杯目、4杯目でも美味しく飲めるビールを造れば、ラガーの売上を抜けるのではないか?
そこでアサヒはシンプルに「ビールの味を薄めれば、良いんじゃないか」という結論を出す
味が薄ければ、3杯目、4杯目もチューハイに移らずに、そのままビールを飲み続けることが
実験の結果分かった
ただし、ビールの味を薄めると、よりアルコールの味が強まって美味しくはない
肝心のビールの味でラガーには負ける
そこで、大々的にイメージ戦略を行うことにした
味が薄い=ドライ、アルコールの強味=辛口、という言葉を使い、逆に新鮮味を打ち出す
CMを垂れ流すことにより、洗脳に近いポジティブさを植え付ける
かくして、打倒ラガーを目標に、前代未聞の味の薄いビールの攻勢に打って出る
「洗練されたクリアな味」「辛口」というフレーズは、発売以来使い続けているが
ようするに、薄味、アルコール味、という意味である
単に言葉を置き換えただけだ
だが、CM垂れ流しに酔って、日本人はすっかり洗脳されてしまい
アサヒはラガーの売上を抜くことに成功した



765: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 14:24:36.03 ID:fdZRZWVU.net
»761
大筋では間違っていないけど、アサヒのビール開発を斜めに見ながら言葉を汚く変えただけ。
「新しいビールの楽しみ方を開発した」と言い換えれば、そのままガイアの夜明けで放送できるしw
16時間前に投稿
たった一言で言うならば、アイドルとは気が狂うことを許してくれる装置である。
16時間前に投稿
16時間前に投稿
4gifs:

Puppy growing up, no hesitation on the second jump. [video]

4gifs:

Puppy growing up, no hesitation on the second jump. [video]

16時間前に投稿
16時間前に投稿
16時間前に投稿
nise3kawan:

1408590499909.jpg

暁で心を和ませよう - 艦これ@ふたばhttp://dec.2chan.net/60/res/838662.htm

nise3kawan:

1408590499909.jpg

暁で心を和ませよう - 艦これ@ふたば
http://dec.2chan.net/60/res/838662.htm

19時間前に投稿
「三森すずこは9000円のピンサロにいる顔」って発言からガチの喧嘩始まった
(via kazcorp)
19時間前に投稿

(出典: bocchi)

20時間前に投稿
20時間前に投稿
20時間前に投稿

Q. 「講義に出てこなくてもいい」とはどういうことですか?

A. 大学の講義で教える内容は、高校よりもずっと高度ですので、高校までと全く同じやり方で勉強しても身に付きません。特に、物理や数学のよう に論 理を積み重ねてゆく学問では、わからないのに先に進まれると非常に困るでしょうし、反対に、わかったのにまだ説明が続くのもイライラします。そして、どの 辺りで時間がかかるかは、一人一人異なります。ですので、一人一人が自分のペースで 教科書を読んで身につけるのが一番良いのです。特に私が書いた教科書は、それができるように丁寧に書いてあります。

Q. それでは、講義はなんのためにあるのですか?

A. まず、一番大きいのは、質問できることです。特に、熱力学や統計力学や量子論のように 高度な論理構造を持っている学問を学ぶときには、様々な人が抱きそうな疑問点を全て教科書にくわけにはいかない(そんなことをしたら百科事典よりもはるか に厚くなってしまう!)ので、どんな教科書で勉強しても、どうしても疑問点が出てきます。そのときに、信頼できるプロに自由に質問できるというのは、実 は、大変に有り難いことなのです。しっかり考えながら教科書を読む人ほど、そのことがわかってくるでしょう。(最近、ネット上で質問すると誰かがそれに答 える、というサイトが増えてきているようですが、その答えを覗いてみたら、そのはちゃめちゃぶりに驚かされました。皆さんは、大学でちゃんとした人に質問 しましょう!)

だから、疑問がわいたときだけ講義に出てきて質問すればよいのです。そうすれば、講義のペースに煩わされることなく、自分のペースで勉強ができます。(質問は、講義よりも前の部分でも後ろの部分でも構いません。)

もちろん、もっと積極的に講義を活用することもできます。例えば、教科書を予習して きて、講義を総まとめとして聴く。あるいは、予習をしないで講義を受 けて、講義は概略を聴く場にする(家に帰ってから、講義で進んだところまで、本格的に教科書を読む)、などです。

どのやり方が自分に合っているかは一人一人異なりますから、自分に合った方法を選んでください。

物性基礎論の清水明さんによる、大学の講義に関する素晴らしいアドバイス。

ただなあ、清水さんの書いた量子力学の教科書は日本語で書かれた本のなかでもダントツに良い本なので、「一人一人が自分のペースで 教科書を読んで身につけるのが一番良い」と言い切ることができるけれど、すべての教員の講義がこのアドバイス通りに学生が受け取とることができないのが現実かも。

講義についての疑問・要望への返事

(via kashino)
20時間前に投稿
業績予想は達成するものではありません。「合わせる」ものです